ひよこ鑑定師とはどのような仕事か

ひよこ鑑定士の仕事は、読んで字のごとくひよこを鑑定することです。鑑定すると言っても、ひよこがオスかメスかをチェックし、区別します。弁護士にも対抗できると言われており、難関資格でさらに認知度が高く高収入を得ることができる資格です。毎年の合格者人数が2か3人という資格の中でも最難関の部類で登竜門の一種とも言えるでしょう。それほどの素晴らしい価値ある仕事の資格それがひよこ鑑定士です。

試験が難しいゆえに初生雛鑑別師の収入は高額で平均年収は雇われ弁護士の平均年収に並ぶ6百万円です。
この金額は、高収入で有名なチャットレディの中でもかなりうまく言っている売れっ子の年収とほぼ同じです。
受験資格は高校卒業資格がある25歳以下の男女に限定されます。鑑別師養成所に入所し五か月間にわたるカリキュラムを受けて鑑別技術を学ばないとなりません。さらに費用は受験費用が1万円で養成施設での授業料等の経費が100万円かかるようです。45分で500羽鑑別し5匹鑑別を間違うと不合格になるようです。ちなみに合格率は30%です。

この仕事は世界中にあって特にヨーロッパ諸国などでは活発らしく、日本でも初生ひな鑑別師と呼ばれる資格の所持者達がひよこの鑑別をしています。手先のテクニックがある日本人はこの分野で世界中から引っ張りだこなほど秀逸で資格所持者の99.5%を占めています。

仕事の際、雄・雌を区別するのは、販売専用の鶏卵を産む雌と、たいてい鶏肉としてに売買するために良質の飼料を与えて飼育される雄とで、早期から個々の商業的分担に合った違った餌のあげ方をするためです。

よくテレビで見かけますが、ひよこをとり、認識するために、腰臀部付近をみます。適正さと、迅速さが必要とされる職分で、ひよこ一羽の鑑定で4円くらいです。1匹あたりの単価はとても安いですが、とにかく数をこなして利益を上げる薄利多売のビジネスモデルでトラック買取を初めとする古物商のビジネスモデルと似ています。もちろん数をこなすのはどの業種でも集中力と労力が必要になりますが一流になると1時間で1千羽もみれるため、時給4千円と大変高い時給になります。

ひよこ鑑定師には年齢制限があります

ひよこ鑑定師には年齢制限があります。誰でもなれるわけではありません。資格試験を受けることになるのですが、その受験資格に年齢制限が設けられているのです。

正式名称は「初生ひな鑑別士」という国家資格になります。試験日は3月です。受験資格として満25歳以下の高等学校卒業者またはこれと同等以上の資格がある人と決められています。他の条件としては、体が丈夫で健康、視力が1.0以上(矯正可)の人というものもあります。つまり、年齢が25歳以下の人だけが受験できる資格です。

若い世代でひよこが好きな人などにお勧めの資格と言えます。ひよこはとにかく可愛いですし、この資格が国家資格だということを知っている人があまり居ないこともチャンスと言えるかもしれません。知られていない資格なら受験競争率も低くなるからです。

現代の若い人たちの間では目標がなかったり、夢がなかったりといった人も多くなっています。何をやりたいのか決まっていない場合や就職先に悩んでいる人などは、こういった道もあるということを覚えておくことをお勧めします。また、ちょっと変わった職業に就きたいという人や面白い資格を取得してみたいという人、技術を身につけて手に職をつけたい人にお勧めです。
私の友人に堺市で鍵を直す仕事をしている人がおり、その人いわく手に職をもっていると仕事に困らないことはもちろん一般の他の人ができない仕事なのでやりがいや自信に繋がるそうです。

年齢制限が低いという点から、若いうちに思い立ったらすぐにでも受験した方がいい資格となっています。ひよこ鑑定士は生まれたばかりのひよこをオスかメスか判別する人ということで世の中には知られていますが、日本よりも主にヨーロッパなどへ派遣されて仕事をする機会が多くなっているので、海外へ行くチャンスにも繋がりやすくなっています。

TAC All About ドットコムマスター
TAC All About ドットコムマスター
「資格でもとってスキルアップしたい」そんな方に、自分に合った資格が必ず見つかる「資格の学校TAC」です。 ただやみくもに資格を取るより、自分の目指す資格や職種の現状なども併せて情報を仕入れる事が大切です。 忙しい中での資格取得。ドットコムマスターなら、自分のライフスタイルに合わせて資格を取る事ができます。